2019年12月18日

SUBARU BRZにOS技研のデュアルコアLSDを装着しました!

新商品だと思うOS技研製のデュアルコアLSDを取付です
https://www.osgiken.co.jp/lsd_dualcore/index.html
TOYOTA86でスーパーロックを付けた事は有りますが
これは何が違うか楽しみですね
OSのLSD
デフ本体を外しますが
ドライブシャフトが一体式の為 ハブ側を色々外さないと下ろせません
左側はドライブシャフトを残し作業しました

OSのLSD
組付作業はどの車でも同じです
ノーマルのシムを同じで組付てバッククラッシュ調整ですが
ベストで有った為 時間短縮出来ました
ここでハマると大変なんです

OSのLSD
車両に載せますが 左のドライブシャフトを残した為
デフを載せる時に入れておくのを忘れたから 無駄に作業工程が増えてしまいました!

前から不思議に思っていました
バブ周りの分解時に気になるリアの足回りの事です
これは自分の経験ですが
スバルの車はアーム関係の剛性をどのように考えているんでしょうか?
他のメーカーはネジリや押しと引張で装着する事で剛性が有るようですが
スバルはそれが無いからアームを脱着で苦労が有りません(助かります?)
作業時間は短縮出来ますが どうなんでしょうか?


posted by luke at 14:53| チューニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。